同じ建物に多くの人が住んでいるので安心感がある

お互いを認識しやすい

賃貸アパートは2階建てや3階建てなので、1棟の世帯数はマンションよりも少なくなる場合が多いです。また、戸建ては基本的に1世帯が暮らすことになります。そのため、アパートや戸建てに比べると賃貸マンションは同じ建物に多くの人が住んでいることになります。隣人は左右だけですが、同じ階や上下階を含めると1棟で捉えると多くの人がいるので、安心感の中で生活できるでしょう。たとえば、同じマンションで生活していると、通勤や通学をする際にエレベーターや出入り口で一緒になったり、すれ違いになったりする機会は多いです。その際に会釈や挨拶をしておくだけでも同じマンションの住民だとお互いに認識できるので、安心感は強くなるでしょう。

防犯上のリスクを減らせる

戸建てやアパートに比べて賃貸マンションは同じ建物で生活する人が多い分、防犯上のリスクを下げることができます。なぜなら、住人が多いので個人を狙った盗難やいたずらを実行するとしても、その現場を目撃される可能性が高くなるからです。全くリスクが無いわけではありませんが、マンションよりも住人が少ない戸建てやアパートよりは低くなることから、安心感の中で生活できることは魅力的です。賃貸マンションでもっと安心感を強めたいと考えている場合はオートロック付きだったり、24時間有人管理だったりなどの物件を選ぶのがコツです。設備やサービスが充実している方が家賃は高くなりますが、安心感を求める人にとってはベストな選択でしょう。

© Copyright Modern Apartment Homes. All Rights Reserved.